健康院便り
1  2  3  >次  最後
せんせいの便りタブ
2018/06/23
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

最近は低体温の方が増えているとか・・・・

体温が低いとガン細胞が増殖しやすいようです。

また、増殖スピードが速くなるようです。

体温を上げることは「ナチュラルキラー細胞」という

ガン細胞を攻撃してくれるリンパ球の一種の活性化が進みます。

 

体温が1度上昇すると免疫力はどのくらいアップするかご存知ですか?

 

☆体温が1度下がると免疫力は30%も低くなります☆

 

体温がたった1度上がるだけで免疫力は5倍から6倍高くなります!

 

◎風邪をひいたときに発熱するのも体温を上げて免疫力を

 高めようとする体の防衛反応です。

それでは体温を1度上げる方法をおおしえ致します。

 

☆毎日に生活の中にジンジャー(しょうが)を摂りいれましょう☆

    グングン代謝がアップ!!

 

 

しょうがには

 

◎代謝を上げる

◎胃腸の働きを整える

◎免疫力を上げる

◎活性酸素を除去する

◎肝機能を強くする

といった健康効果があります。

手軽に生活の中に取り入れやすい

体を温めてくれる”しょうが”をおススメします。

 

せんせいの便りタブ
2018/06/21
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

20代の頃から肩こりや頭痛、生理不順の症状に悩んでいました。

約3年前から増田健康院さんに通うようになり治療と同時にフォーユーさんの商品も取り入れて食事改善もするようになりました。
徐々に悩んでいた症状が軽くなるようになり、生理周期も安定してきて以前とくらべて風邪をひかなくなり、
体の免疫が上がった気がします。
そして結婚6年目で自然妊娠することができました。

これらも身体の為体調維持の為にフォーユーさんの商品を撮りいれていきたいと思います。
                                      Y.Uさん  35歳

 

 

せんせいの便りタブ
2018/06/20
富士健康院 飯野脩宜先生 【山梨県甲斐市】

加齢と共に免疫が低下すると

言われていますが、

最近の研究では20歳の時を

100%とすると、

30年後の50歳では50%に低下し、

それから

20年後の70歳でには、なんと10%まで

に低下してしまうそうです。

それを知った時に50歳の

50%は納得できましたが、

70歳の10%はいくらなんでも

低下しずぎでしょう

と思いました。

しかし、よくよく周りを見てみると、

友人たちが65歳過ぎたあたりから、

肺がん・前立腺がん・痛風だと

言い始めたり、

病院へ行ってみるとお年寄りばかりで、

若い人は風邪やケガが多く病人は

ほとんどいない状態でした。

この数字は、あながち間違っていないと

納得しましたね。

= = =

年を重ねる程、免疫力が低下して

病気になり易く、なったら治りにくい

訳ですから免疫力を高める必要が

あります。

その高めかたは、次回から順次

ご紹介したいと思っています。

 

せんせいの便りタブ
2018/06/15
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】
 

母乳と人口乳、栄養成分の違いについての話や

母乳のがよいとはよく聞きますが、
実は母乳を吸うという行為が、赤ちゃんのアゴの発達には
不可欠ということはご存知ですか?

 

赤ちゃんはお母さんのおなかの中で、
親指を口にくわえ,チュパチュパと吸う練習をしています。
これは出生後直ちにオッパイを飲む練習です

 

母乳は,お母さんの乳首に口をつければでるものではありません。
アゴと舌の動きが関係しています。

 

乳首を上あごに舌で押しつけ、咬むように口全体を使って飲みます。
まるで,大人が物を咬む動きとそっくりな運動です。
咀嚼筋(そしゃくきん)と言って物を咬むための多くの筋肉が働きます。


アゴの骨には筋肉が付着しており,筋肉の刺激によって骨は発育します

哺乳瓶での授乳は吸っているだけです。


おまけに、待っていれば次々と口の中にミルクが流し込まれます。
アゴを動かす筋肉はほとんど働いていません。


これではアゴの発育は望めません!

 

咬むという習慣の無い子供の誕生です

 

最近、赤ちゃんが咬まなければミルクが出てこない乳首があります。
研究によれば,母乳を飲む時と同じアゴの動きをしています。

 

アゴの発育にとっては物を咬むという習慣が必要です!

 

 

せんせいの便りタブ
2018/06/12
富士健康院 飯野脩宜先生 【山梨県甲斐市】

今年も、患者さんのK・N様から

さくらんぼが届きました。

本年は暑い日が早めに

続いたせいもあり、

収穫が平年より10日程早いそうです。

 

= = =

 

果物は、ビタミン・ミネラル・

酵素が豊富な食べ物で、

栄養価が高いので、

昔の方は病気見舞いには必ずと

言って良いほど、

果物を持参したそうです。

確かに、食欲がない時にでも甘いし、

口当たりが良いので

食べやすいですね。

私も1日1回は必ず果物は食べています。

ただ、最近の果物は全体的に

糖分が多いので、

食べ過ぎには注意が必要です。

1  2  3  >次  最後
プロフィール

山梨県甲斐市の整体-富士健康院

静岡県沼津市の整体-増田健康院

静岡県御殿場市の整体-長澤健康院

愛知県豊川市の整体-福田健康院

愛知県知多郡東浦町の整体-坂部健康院

最新の記事
月別アーカイブ
・2018年06月(6)
・2018年05月(16)
・2018年04月(9)
・2018年03月(5)
・2018年02月(6)
・2018年01月(12)
・2017年12月(13)
・2017年11月(16)
・2017年10月(9)
・2017年09月(9)
・2017年08月(9)
・2017年07月(10)
・2017年06月(16)
・2017年05月(13)
・2017年04月(11)
・2017年03月(13)
・2017年02月(9)
・2017年01月(10)
・2016年12月(12)
・2016年11月(10)
・2016年10月(8)
・2016年09月(15)
・2016年08月(8)
・2016年07月(15)
・2016年06月(7)
・2016年05月(6)
・2016年04月(10)
・2016年03月(15)
・2016年02月(10)
・2016年01月(15)
・2015年12月(12)
・2015年11月(14)
・2015年10月(16)
・2015年09月(18)
・2015年08月(23)
・2015年07月(17)
・2015年06月(19)
・2015年05月(16)
・2015年04月(11)
・2015年03月(18)
・2015年02月(11)
・2015年01月(14)
・2014年12月(20)
・2014年11月(18)
・2014年10月(22)
・2014年09月(20)
・2014年08月(11)
・2014年07月(18)
・2014年06月(18)
・2014年05月(15)
・2014年04月(11)
・2014年03月(12)
・2014年02月(8)
・2014年01月(16)
・2013年12月(21)
・2013年11月(40)
・2013年10月(52)
・2013年09月(47)
・2013年08月(45)
・2013年07月(45)
・2013年06月(47)
・2013年05月(43)
・2013年04月(48)
・2013年03月(46)
・2013年02月(55)
・2013年01月(68)
・2012年12月(64)
・2012年11月(75)
・2012年10月(82)
・2012年09月(72)
・2012年08月(74)
・2012年07月(74)
・2012年06月(80)
・2012年05月(73)
・2012年04月(80)
・2012年03月(76)
・2012年02月(52)
・2012年01月(43)
・2011年12月(45)
・2011年11月(40)
・2011年10月(44)
・2011年09月(47)
・2011年08月(50)
・2011年07月(43)
・2011年06月(46)
・2011年05月(39)
・2011年04月(46)
・2011年03月(54)
・2011年02月(68)
・2011年01月(59)
・2010年12月(48)
・2010年11月(41)
・2010年10月(32)
・2010年09月(32)
・2010年08月(35)
・2010年07月(40)
・2010年06月(40)
・2010年05月(47)
・2010年04月(39)
・2010年03月(45)
・2010年02月(34)
・2010年01月(20)
カレンダー
< 6月 2018 >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
カテゴリー
タグ
Presented by total body balance