健康院便り
<前  1  2  3  4  >次  最後
せんせいの便りタブ
2019/10/18
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

10月22日(火)は祝日ですが

午前中開院致します。

気候の変化等で体調が思わしくない方

ご予約お待ちしております。

せんせいの便りタブ
2019/10/17
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

https://www.excite.co.jp/news/article/Tocana_201511_21/

 

魂の重さは本当に21グラム!?

今から100年以上も前に"魂の重さ"を計ろうとした

ダンカン・マクドゥーガル博士

 

ダンカン・マクドゥーガル博士は不可解な一連の実験を行なっていた。

入院している瀕死の結核患者が横たわるベッドを当時の最新型の精密な秤で計量し、

死の直後の体重の変化を調べたのだ。

記録によればマクドゥーガル博士は6人の末期患者を計量し、死の瞬間に立会ったという。

しかしいったい何の目的で、死の前後の体重の変化を調べたのか? 

それは死後に肉体を離れていく"魂の重さ"を割り出すためだったのだ。

もちろん遺体を死後そのままにしておけば僅かずつ乾燥していくため

軽くなることは明白で、この実験でも確かに死後、時間が経つにつれて遺体は軽くなった。

そこで博士は死後に失われる体液やガスも考慮に入れて入念に計算し、

人間の"魂の重さ"は4分の3オンス、

つまり"21グラム"であると結論づけた

死の瞬間の人間の頭部には「星間エーテル」にも似た光が取り巻いているという。

この光が肉体から離れていく"21グラム"の魂であるというのだ。

ちなみに星間エーテル(interstellar ether)とは中世の物理学の概念である"

 

魂の重さが21g・・・この研究によって

その後の脳科学や実験心理学などの学問分野をはじめ

小説。マンガなど様々なジャンルで今日も影響を与えているそうです。

魂の重さ21g!なんとも不思議な感じのお話でした。

 

せんせいの便りタブ
2019/10/11
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

 

静岡県地方に猛烈な台風が接近しております
土曜日にご予約をされて
いらっしゃる方ご無理をなさらずに
遠慮なく御予約の変更をして下さい。

身の安全が第一です。

せんせいの便りタブ
2019/10/10
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

便の排泄を促してくれるのは野菜等に含まれる「水溶性食物繊維」ではなく

「不溶性食物繊維」

不溶性食物繊維は穀類・イモ類・豆類などに多く含まれます

便秘を解消したいならばデンプンが入っている食材

ご飯やサツマイモ等を十分に取ることが必要です。

なかでも一番は「ごはん」!!!

こんな例があります。

病院に入院した女性の7~8割は便秘が治ります

基本的におかずが少なくごはん中心の食事となります。

ごはんを食べることによって便秘が治った女性は山ほどいるのです

便通がよくなると勘違いしてごはんではなくサラダをたくさん食べている女性に便秘が多い。

◎便秘に悩んでいる人は野菜や海藻ではなく

 穀類、イモ類、豆類、とくにごはんを食べることをおすすめします。

排泄物である「糞」という字。

「米」が「異なる」と書きますが

ごはんを食べてそれが排泄物という異なる形で外に出てくる

という意味で「糞」と書くのです。

          乳がん患者の8割は朝パンを食べている  幕内秀夫著より抜粋

 

せんせいの便りタブ
2019/10/08
富士健康院 飯野脩宜先生 【山梨県甲斐市】

10月6日(日)に

富士健康院にて

伝筆講座を開催しました。

長野県大町市からみるいで代表の

松島明子先生をお迎えしました。

毎回、ありがたいことです。

= = =

参加者は4名でした。

終わった後の感想は、

「集中してできたので、4時間30分が

あっという間に終わったね。でも、

集中した分、疲れた!」

「自由に書けるから楽しい」

「字を書くと言うより、アートだよね」

「個性的だぁー」などなど

いろんな声が聞けました。

= = =

みんなの作品を見るのも楽しみです。

伝筆が人の心に届くのは、普通に書いた

文字の500倍あるとか!

すごいですね♪

また、開催したいと思っていますので、

明子先生よろしくお願いいたします(笑)

<前  1  2  3  4  >次  最後
プロフィール

山梨県甲斐市の整体-富士健康院

静岡県沼津市の整体-増田健康院

静岡県御殿場市の整体-長澤健康院

愛知県豊川市の整体-福田健康院

愛知県知多郡東浦町の整体-坂部健康院

最新の記事
月別アーカイブ
・2019年11月(3)
・2019年10月(8)
・2019年09月(6)
・2019年08月(12)
・2019年07月(8)
・2019年06月(16)
・2019年05月(8)
・2019年04月(10)
・2019年03月(7)
・2019年02月(13)
・2019年01月(12)
・2018年12月(8)
・2018年11月(10)
・2018年10月(7)
・2018年09月(10)
・2018年08月(7)
・2018年07月(15)
・2018年06月(21)
・2018年05月(9)
・2018年04月(8)
・2018年03月(5)
・2018年02月(6)
・2018年01月(11)
・2017年12月(11)
・2017年11月(15)
・2017年10月(9)
・2017年09月(9)
・2017年08月(9)
・2017年07月(10)
・2017年06月(16)
・2017年05月(13)
・2017年04月(11)
・2017年03月(13)
・2017年02月(9)
・2017年01月(10)
・2016年12月(12)
・2016年11月(10)
・2016年10月(8)
・2016年09月(15)
・2016年08月(8)
・2016年07月(15)
・2016年06月(7)
・2016年05月(6)
・2016年04月(10)
・2016年03月(15)
・2016年02月(10)
・2016年01月(15)
・2015年12月(12)
・2015年11月(14)
・2015年10月(16)
・2015年09月(18)
・2015年08月(23)
・2015年07月(17)
・2015年06月(19)
・2015年05月(16)
・2015年04月(11)
・2015年03月(18)
・2015年02月(11)
・2015年01月(14)
・2014年12月(20)
・2014年11月(18)
・2014年10月(22)
・2014年09月(20)
・2014年08月(11)
・2014年07月(18)
・2014年06月(18)
・2014年05月(15)
・2014年04月(11)
・2014年03月(12)
・2014年02月(8)
・2014年01月(16)
・2013年12月(21)
・2013年11月(40)
・2013年10月(52)
・2013年09月(47)
・2013年08月(45)
・2013年07月(45)
・2013年06月(47)
・2013年05月(43)
・2013年04月(48)
・2013年03月(46)
・2013年02月(55)
・2013年01月(68)
・2012年12月(64)
・2012年11月(75)
・2012年10月(82)
・2012年09月(72)
・2012年08月(74)
・2012年07月(74)
・2012年06月(80)
・2012年05月(73)
・2012年04月(80)
・2012年03月(76)
・2012年02月(52)
・2012年01月(43)
・2011年12月(45)
・2011年11月(40)
・2011年10月(44)
・2011年09月(47)
・2011年08月(50)
・2011年07月(43)
・2011年06月(46)
・2011年05月(39)
・2011年04月(46)
・2011年03月(54)
・2011年02月(68)
・2011年01月(59)
・2010年12月(48)
・2010年11月(41)
・2010年10月(32)
・2010年09月(32)
・2010年08月(35)
・2010年07月(40)
・2010年06月(40)
・2010年05月(47)
・2010年04月(39)
・2010年03月(45)
・2010年02月(34)
・2010年01月(20)
カレンダー
< 11月 2019 >
     12
3456789
1011121314
15
16
17181920212223
24252627282930
カテゴリー
タグ
Presented by total body balance