健康院便り
1  2  3  >次  最後
せんせいの便りタブ
2019/06/29
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

「亜鉛不足すると味が分からなくなるのか?

 

食べ物の味は舌の表面にある”未らい”とよばれる器官にある細胞が

判断しています。

味細胞は新陳代謝が激しく、皮膚と同様に約1ヶ月で

生まれ変わります。

そして、この味細胞の再生に欠かせないのが亜鉛なのです。

 

亜鉛が不足することで、新陳代謝が妨げられ、味細胞が古くなって味を

感じることができなくなるのです。

 

細胞を再生させる亜鉛ってかなり重要なのです。

 

では、亜鉛をうまく摂取するためにはどんな食事をすればいいのでしょうか??

 

亜鉛はカキやホタテなどの貝類やアーモンドやゴマなどの

豆類などに多く含まれています。また、加工食品に含まれる食品添加物には

亜鉛の吸収を妨げたり、体外に排出させてしまうものがあるので、なるべく

避けましょう。

 

偏った食事を避け常に”味らい”を活性化させて、美味しい食事を楽しみたいものですね。

 

 

せんせいの便りタブ
2019/06/26
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

人間の体温は37℃前後が身体細胞の新陳代謝が活発で免疫力も高く活動的で殆ど病気もしません。

体温が低くなるほど免疫力が低下しガンをはじめとする沢山の病気の原因になります。

また、筋力や活動力・生活力の低下で自律神経のバランスやホルモンの分泌も乱れ

副腎皮質ホルモンも出なくなりアトピー性皮膚炎などにかかりやすくなります。

女性の場合・下半身(子宮・卵巣・生殖器・膀胱)が冷えると

婦人病や更年期障害が招き妊娠もしにくくなり、さらに

子宮や羊水が冷えると低体温やアレルギー体質の子供が生まれやすいと言われています。

   美建ガイド社  37℃のふしぎ より

 

せんせいの便りタブ
2019/06/25
富士健康院 飯野脩宜先生 【山梨県甲斐市】

体のバランスって崩れやすいって

知ってましたか?

些細なことで崩れます。

例えば、同じ方で物を噛む、

物を持つ、脚を組むなどなど。

ーーーーーーーーーーーー

その前に、根本的に崩れやすい

要因があるらしいです。

諸説あるそうですが、

一つは、2本足歩行。

殆どの動物は4本足です。

4本足に比べると安定性に欠けます。

それと上記にも述べていますが、

もう一つは、偏って体を使うことだと、

整体の道47年、のべ20万人以上の

患者さんの体を診て実感しています。

ーーーーーーーーーーーー

バランスが崩れやすくなると、

なんとなく体調が・・・

痛みが・・・

などの症状が出やくすなるので、

体を整える必要があります。

このことから、

整体という施術が存在している

理由があると思います。

 

体のバランスを意識してみてください。

 

せんせいの便りタブ
2019/06/25
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

【急いで起き上がらないで!
    よっこいしょ・どっこいしょのかけ声を!】

朝起きるときは急に起き上がらずに、一度うつぶせになってから

手を使って起き上がってください。

急に腹筋を使って起き上がると腰を悪くしやすのでやめましょう。

立ち上がる時等「よっこいしょ」「どっこいしょ」と言って立ち上がりますよね。なんだか年寄りくさいな!と恥ずかしくなってしまう方もいらっしゃいますが、
このかけ声は大事です。

動作をする時に掛け声を出すことで、
「これから動くぞ!筋肉が動くぞ!」と脳に指令がいきます。
かけ声を出すことで、筋肉を動かすという指令と筋肉の動きが伴うので、掛け声なしで動作をするよりも体への負担が減ると言われています

 

せんせいの便りタブ
2019/06/25
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

高ナトリウム血症 血液中のナトリウム濃度が非常に高い状態をいいます。

 高ナトリウム血症は水分の欠乏脱水が関わっています

 塩分多く摂り過ぎたためにナトリウム値が上昇することはそんなにない

 脱水の原因としては、水分の摂取不足、下痢、腎機能障害、利尿薬など様々なものがあります。

 主にのどの渇きを覚えるほか、錯乱や筋肉のひきつり、けいれん発作を起こすことがあります。 

 治療では通常、静脈内に輸液を投与し、血液中のナトリウム濃度をゆっくり低下させます。

高ナトリウム血症では、体内の水分量がナトリウムの量に対して少なすぎる状態になっています。

水分の喪失量がナトリウムの喪失量を上回ると、血液中のナトリウム濃度が異常に高くなります。この病態は脱水で典型的にみられます。

高ナトリウム血症のほとんどは、脱水に起因します。例えば、水分をほとんど摂取しなかったり、嘔吐、下痢、利尿薬の使用、大量の発汗があったりすると、体液が失われ、脱水に陥ります

典型的には、のどの渇きがみられます。

最も深刻な高ナトリウム血症の症状は、脳の機能障害によるものです。

重度の高ナトリウム血症は、錯乱、筋肉のひきつり、けいれん発作、昏睡につながり、死に至ります。

治療では静脈内に希釈液(水と少量のナトリウムを混ぜて濃度を慎重に調整した補液)を投与し血液中のナトリウム濃度をゆっくり低下させる

                                          MSD家庭版より

1  2  3  >次  最後
プロフィール

山梨県甲斐市の整体-富士健康院

静岡県沼津市の整体-増田健康院

静岡県御殿場市の整体-長澤健康院

愛知県豊川市の整体-福田健康院

愛知県知多郡東浦町の整体-坂部健康院

最新の記事
月別アーカイブ
・2019年11月(3)
・2019年10月(8)
・2019年09月(6)
・2019年08月(12)
・2019年07月(8)
・2019年06月(16)
・2019年05月(8)
・2019年04月(10)
・2019年03月(7)
・2019年02月(13)
・2019年01月(12)
・2018年12月(8)
・2018年11月(10)
・2018年10月(7)
・2018年09月(10)
・2018年08月(7)
・2018年07月(15)
・2018年06月(21)
・2018年05月(9)
・2018年04月(8)
・2018年03月(5)
・2018年02月(6)
・2018年01月(11)
・2017年12月(11)
・2017年11月(15)
・2017年10月(9)
・2017年09月(9)
・2017年08月(9)
・2017年07月(10)
・2017年06月(16)
・2017年05月(13)
・2017年04月(11)
・2017年03月(13)
・2017年02月(9)
・2017年01月(10)
・2016年12月(12)
・2016年11月(10)
・2016年10月(8)
・2016年09月(15)
・2016年08月(8)
・2016年07月(15)
・2016年06月(7)
・2016年05月(6)
・2016年04月(10)
・2016年03月(15)
・2016年02月(10)
・2016年01月(15)
・2015年12月(12)
・2015年11月(14)
・2015年10月(16)
・2015年09月(18)
・2015年08月(23)
・2015年07月(17)
・2015年06月(19)
・2015年05月(16)
・2015年04月(11)
・2015年03月(18)
・2015年02月(11)
・2015年01月(14)
・2014年12月(20)
・2014年11月(18)
・2014年10月(22)
・2014年09月(20)
・2014年08月(11)
・2014年07月(18)
・2014年06月(18)
・2014年05月(15)
・2014年04月(11)
・2014年03月(12)
・2014年02月(8)
・2014年01月(16)
・2013年12月(21)
・2013年11月(40)
・2013年10月(52)
・2013年09月(47)
・2013年08月(45)
・2013年07月(45)
・2013年06月(47)
・2013年05月(43)
・2013年04月(48)
・2013年03月(46)
・2013年02月(55)
・2013年01月(68)
・2012年12月(64)
・2012年11月(75)
・2012年10月(82)
・2012年09月(72)
・2012年08月(74)
・2012年07月(74)
・2012年06月(80)
・2012年05月(73)
・2012年04月(80)
・2012年03月(76)
・2012年02月(52)
・2012年01月(43)
・2011年12月(45)
・2011年11月(40)
・2011年10月(44)
・2011年09月(47)
・2011年08月(50)
・2011年07月(43)
・2011年06月(46)
・2011年05月(39)
・2011年04月(46)
・2011年03月(54)
・2011年02月(68)
・2011年01月(59)
・2010年12月(48)
・2010年11月(41)
・2010年10月(32)
・2010年09月(32)
・2010年08月(35)
・2010年07月(40)
・2010年06月(40)
・2010年05月(47)
・2010年04月(39)
・2010年03月(45)
・2010年02月(34)
・2010年01月(20)
カレンダー
< 6月 2019 >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
カテゴリー
タグ
Presented by total body balance