健康院便り
 
せんせいの便りタブ
2019/11/02
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

疲れ目から眼精疲労へ

疲れ目(眼疲労)と眼精疲労は異なり疲れ目は長時間の読書やパソコンやスマホ等で一時的

に疲労感がる状態で休息をとれば治るものです。

眼精疲労の方が重症であり、休息をしても症状が良くならない上、

目の症状以外にも頭痛や吐き気、肩こりや不眠など全身に不調が現われます。

疲れ目のうち予防や改善をすることが大切になってきます。

疲れ目・・・目が疲れる・しょぼしょぼ・眉間が痛い・ピントがあわない

      まぶしい・真がかすむ・目の奥が痛い

               ↓ 悪化すると・・・

眼精疲労・・めまい・頭痛・肩こり・吐き気・こめかみがズキズキ

      眠れないすぐ目が覚める・仕事が手に付かない

 

眼精疲労の主な原因

目の病気や加齢・・・近視・乱視・老眼・白内障やドライアイ等

          目の病気が原因で視力が下がったり

          視野が狭くなります。その時目を凝らしたり意識的にピント

          を合わせるため眼精疲労が起こります。

          眼鏡やコンタクトレンズが自分にあってない場合も疲労をひき起こす

          原因となります。

ストレスなど品的要因・・・過労や人間関係などの精神的なものによっても眼精疲労は引き起こされます。

             ストレスによる体の角の緊張が血流を悪くしたり、目を保護するのに必要な涙の

             分泌量が減ったりして目の疲れを感じるです。

目の使い過ぎや環境・・・私達の目には眼球の位置を調整する外眼筋と、目のレンズである水晶体の厚さを調整する

            毛様体筋などがあります。

            長時間集中して物をみていると目がオーバーワークとなり目の筋肉に疲労が溜まり

            悲鳴を上げている状態になります。

            また、暗すぎる部屋や眩しすぎる環境、近すぎる作業距離エアコンなどによる乾燥等

            様々な環境も眼精疲労の原因となります。

            特にパソコンをよく使う方はVDT症候群に注意が必要です

            VDT症候群とは集中したデータ入力や液晶などの画面を見ながらの作業を

            長時間続けることで目や目からくる様々な症状を引き起こす現代病とも言える病気です。

 ☆眼精疲労チェックしてみましょう!!!!!☆

 

   眼精疲労チェックリスト  5個以上当てはまる方は目が大変疲れている状態です。早めのケアをしましょう!!

     □目が重くだるい □肩こりがひどい □パソコンを毎日長時間使用する □目がかすむ

     □頭が重くだるい感じがする □位場所で読書やスマホを使う □目が乾く □頭痛・偏頭痛を感じる

     □眼鏡やコンタクトレンズの度数を何年も変えていまい □しょぼしょぼする □後頭部・首筋が痛むことがある

     □最近視力が落ちた □頭全体の圧迫感がある □エアコンが効いた乾燥している部屋で過ごすことが多い

     □まぶたが痙攣する □鼻の付け根や額に違和感がある   

せんせいの便りタブ
2019/11/02
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

頸椎硬化症でしびれがあったが施術により

しびれが止まって楽になってきました。

また、初めて波動測定もしてみましたが

思いあたるふしが現われていてビックリです。

身体が健康になる為のアドバイスもして頂け

とても為になりました。

                U様

測定した結果を比較することができるので

ご本人にもわかりやすくなっております。

ご自身で自覚がない箇所(潜在意識)も数値で表されます。

測定結果を元に施術で身体を整え

食に関してのアドバイスもさせて頂いております。

 

 
プロフィール

山梨県甲斐市の整体-富士健康院

静岡県沼津市の整体-増田健康院

静岡県御殿場市の整体-長澤健康院

愛知県豊川市の整体-福田健康院

愛知県知多郡東浦町の整体-坂部健康院

最新の記事
月別アーカイブ
・2019年11月(3)
・2019年10月(8)
・2019年09月(6)
・2019年08月(12)
・2019年07月(8)
・2019年06月(16)
・2019年05月(8)
・2019年04月(10)
・2019年03月(7)
・2019年02月(13)
・2019年01月(12)
・2018年12月(8)
・2018年11月(10)
・2018年10月(7)
・2018年09月(10)
・2018年08月(7)
・2018年07月(15)
・2018年06月(21)
・2018年05月(9)
・2018年04月(8)
・2018年03月(5)
・2018年02月(6)
・2018年01月(11)
・2017年12月(11)
・2017年11月(15)
・2017年10月(9)
・2017年09月(9)
・2017年08月(9)
・2017年07月(10)
・2017年06月(16)
・2017年05月(13)
・2017年04月(11)
・2017年03月(13)
・2017年02月(9)
・2017年01月(10)
・2016年12月(12)
・2016年11月(10)
・2016年10月(8)
・2016年09月(15)
・2016年08月(8)
・2016年07月(15)
・2016年06月(7)
・2016年05月(6)
・2016年04月(10)
・2016年03月(15)
・2016年02月(10)
・2016年01月(15)
・2015年12月(12)
・2015年11月(14)
・2015年10月(16)
・2015年09月(18)
・2015年08月(23)
・2015年07月(17)
・2015年06月(19)
・2015年05月(16)
・2015年04月(11)
・2015年03月(18)
・2015年02月(11)
・2015年01月(14)
・2014年12月(20)
・2014年11月(18)
・2014年10月(22)
・2014年09月(20)
・2014年08月(11)
・2014年07月(18)
・2014年06月(18)
・2014年05月(15)
・2014年04月(11)
・2014年03月(12)
・2014年02月(8)
・2014年01月(16)
・2013年12月(21)
・2013年11月(40)
・2013年10月(52)
・2013年09月(47)
・2013年08月(45)
・2013年07月(45)
・2013年06月(47)
・2013年05月(43)
・2013年04月(48)
・2013年03月(46)
・2013年02月(55)
・2013年01月(68)
・2012年12月(64)
・2012年11月(75)
・2012年10月(82)
・2012年09月(72)
・2012年08月(74)
・2012年07月(74)
・2012年06月(80)
・2012年05月(73)
・2012年04月(80)
・2012年03月(76)
・2012年02月(52)
・2012年01月(43)
・2011年12月(45)
・2011年11月(40)
・2011年10月(44)
・2011年09月(47)
・2011年08月(50)
・2011年07月(43)
・2011年06月(46)
・2011年05月(39)
・2011年04月(46)
・2011年03月(54)
・2011年02月(68)
・2011年01月(59)
・2010年12月(48)
・2010年11月(41)
・2010年10月(32)
・2010年09月(32)
・2010年08月(35)
・2010年07月(40)
・2010年06月(40)
・2010年05月(47)
・2010年04月(39)
・2010年03月(45)
・2010年02月(34)
・2010年01月(20)
カレンダー
< 11月 2019 >
     12
3456789
1011
12
13141516
17181920212223
24252627282930
カテゴリー
タグ
Presented by total body balance