健康院便り
1  2  >次
せんせいの便りタブ
2019/04/16
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

静岡県東部

沼津不妊整体 増田健康院

不妊治療をがんばっている・不妊症で

なかなかできない等でお困りの方

本気でお子様を授かりたいと思っていらっしゃる方

当院へ是非一度お越し下さい。

整体を通じて色々なお話をさせて頂きます

ご相談にのらせて頂きますので一緒にがんばりましょう!

 

せんせいの便りタブ
2018/11/24
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

 

日本はなんと!出産率が最下位!!

日本のカップル6組に1組は何等かの不妊治療をしたことがあると言われているのは

ご存じですか? 

体外受精の実施件数は世界一なのに出産率は世界最下位!
 

なぜ日本人は妊娠しにくい?

治療の開始年齢が遅いという傾向があります。

又、なかなか妊娠しなくても「そのうち、妊娠するでしょう」と思い、

年齢がかなり高くなるまで医療施設での不妊治療を考えない

できるだけ薬を使わず自然な方法でと考える人が多い

「卵子の老化」を原因にされることが多い。

見た目では精子は正常であり、卵子のほうに問題があると言われるケースは多い。

そして不妊の真の原因が解明されないまま、何度も顕微授精が繰り返され

結果、妊娠に至らない。これが、日本の不妊治療による出産率が低くなる1つの要因ではないだろうか。

 

不妊治療に用いられる技術は「体外受精」「顕微授精」

顕微授精に代表される不妊治療だが、

その不妊治療による妊娠で生まれた子は、自然妊娠で生まれた子に比べ、自閉症スペクトラムになるリスクが2倍になる」

ショッキングな記事は、米疾病対策センターに所管公表された記事

 

 

体外受精による出生率は世界最低レベル!!

妊娠できない不妊治療が大量に行われている

体外受精の実施件数は、60ヵ国・地域中で第1位

もっとも実施件数が多い国日本!!

日本の2010年の体外受精実施件数は、24万2161件でした。

これは第2位のアメリカの約1.6倍にあたります。

実施件数に対してどのくらいの子どもが生まれているかというと、

アメリカの半分にも満たない。

 

フランス・・・治療開始年齢が早い

       不妊は病気で考えられている為保険適用

       全ての不妊治療が無料

アメリカ・・・早い段階から体外受精・人工授精に踏み切る傾向がある

ロシア・・・高度な医療を受けられ、欧米と比べると治療費用も抑えられる

      規制の少ないロシアにわたり治療を受ける人が増加

 

日本人は妊娠や不妊治療に関する正しい知識を持っていないがゆえに、

妊娠のチャンスを自ら逃してしまっていることもあるのです。

 

せんせいの便りタブ
2018/07/13
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

妊婦さんでも無理な体勢を致しませんので

安心してお越し下さい。

 

 

 

 

産前・産後の骨盤矯正はとても大事です。

 

 

せんせいの便りタブ
2018/06/28
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

妊娠中は骨盤も広がるため

骨盤の歪みから腰痛や坐骨神経痛、便秘にもなるし

手や足のむくみも表れやすくなります。

 

 

 

トータルボディバランスの施術は

無理な体勢をとらせたり

ボキボキ痛みを与えるようなコトはしないので

 

妊婦の方や出産後もすぐに整体をしても大丈夫です。\(^o^)/

 

お母さんの体ににとって良いことは

赤ちゃんにとっても良いことです。

 

より安産へ向けて骨盤矯正しましょう。

 

せんせいの便りタブ
2018/06/26
増田健康院 増田貢一先生 【静岡県沼津市】

【トータルボディバランスの施術の流れ】

①ご予約を頂き御来院後「体のチェック表」の記入をお願いします。

②記入後、まずは正座の姿勢でバランスをチェック
 歪みを説明します

③バンザイをして首・肩・腕のバランスをチェック

④足・腰のバランスをチェック

⑤上半身の調整

⑥下半身の調整

⑦もう一度正座をして調整前と比較します。

以上のような流れになっております。

※お体の具合によって流れは変わる場合がございます。

1  2  >次
プロフィール

山梨県甲斐市の整体-富士健康院

静岡県沼津市の整体-増田健康院

静岡県御殿場市の整体-長澤健康院

愛知県豊川市の整体-福田健康院

愛知県知多郡東浦町の整体-坂部健康院

最新の記事
月別アーカイブ
・2019年04月(4)
・2019年03月(7)
・2019年02月(13)
・2019年01月(12)
・2018年12月(8)
・2018年11月(10)
・2018年10月(7)
・2018年09月(10)
・2018年08月(7)
・2018年07月(15)
・2018年06月(21)
・2018年05月(9)
・2018年04月(8)
・2018年03月(5)
・2018年02月(6)
・2018年01月(11)
・2017年12月(11)
・2017年11月(15)
・2017年10月(9)
・2017年09月(9)
・2017年08月(9)
・2017年07月(10)
・2017年06月(16)
・2017年05月(13)
・2017年04月(11)
・2017年03月(13)
・2017年02月(9)
・2017年01月(10)
・2016年12月(12)
・2016年11月(10)
・2016年10月(8)
・2016年09月(15)
・2016年08月(8)
・2016年07月(15)
・2016年06月(7)
・2016年05月(6)
・2016年04月(10)
・2016年03月(15)
・2016年02月(10)
・2016年01月(15)
・2015年12月(12)
・2015年11月(14)
・2015年10月(16)
・2015年09月(18)
・2015年08月(23)
・2015年07月(17)
・2015年06月(19)
・2015年05月(16)
・2015年04月(11)
・2015年03月(18)
・2015年02月(11)
・2015年01月(14)
・2014年12月(20)
・2014年11月(18)
・2014年10月(22)
・2014年09月(20)
・2014年08月(11)
・2014年07月(18)
・2014年06月(18)
・2014年05月(15)
・2014年04月(11)
・2014年03月(12)
・2014年02月(8)
・2014年01月(16)
・2013年12月(21)
・2013年11月(40)
・2013年10月(52)
・2013年09月(47)
・2013年08月(45)
・2013年07月(45)
・2013年06月(47)
・2013年05月(43)
・2013年04月(48)
・2013年03月(46)
・2013年02月(55)
・2013年01月(68)
・2012年12月(64)
・2012年11月(75)
・2012年10月(82)
・2012年09月(72)
・2012年08月(74)
・2012年07月(74)
・2012年06月(80)
・2012年05月(73)
・2012年04月(80)
・2012年03月(76)
・2012年02月(52)
・2012年01月(43)
・2011年12月(45)
・2011年11月(40)
・2011年10月(44)
・2011年09月(47)
・2011年08月(50)
・2011年07月(43)
・2011年06月(46)
・2011年05月(39)
・2011年04月(46)
・2011年03月(54)
・2011年02月(68)
・2011年01月(59)
・2010年12月(48)
・2010年11月(41)
・2010年10月(32)
・2010年09月(32)
・2010年08月(35)
・2010年07月(40)
・2010年06月(40)
・2010年05月(47)
・2010年04月(39)
・2010年03月(45)
・2010年02月(34)
・2010年01月(20)
カレンダー
< 4月 2019 >
 123456
78910111213
1415161718
19
20
21222324252627
282930    
カテゴリー
タグ
Presented by total body balance